座右の銘は『広く深く』 そんなダメ人間がつづるブログ。徒然つづっていくので長い目で見てやってください。 合言葉は「ダメ人間だから…」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【三国志大戦】 新Verにまつわるエトセトラ 後編~新カードレビュー編 【Ver.1.0.0D】

Ver.upでカード追加だ準備はよいか。
要チェックや(AA)






動画から見て分かるのは
手腕の範囲や2.5騎馬の攻城力減少とかですかね。


手腕比較(Ver1.0.0D)

左がVer1.0.0Cの手腕で右が新Verの手腕。
目に見えて後方部分の範囲拡大が見て取れます。


<新カード一言プレビュー>
筍氏(三国志大戦4)(C)SEGA
1コスト歩兵はスペック的に不安要素ですが、
計略内容次第では面白いコンボが狙えるかもしれない1枚。
現状、計略効果の検証待ちというところでしょうか。


鍾繇(三国志大戦4)(C)SEGA
1コスト騎馬が知力低下の妨害計略を持っているというだけで充分な強さ。
魏で組み合わせるとすれば大水計あたりとのデスコンボが思いつきます。
単体の効果時間、知力低下量によっては二度がけで相手を封殺するコンボも狙えそうです。


張郃(三国志大戦4)(C)SEGA
1.5コスト最高武力が神速戦法を持っているというだけで文句の余地は無し。
競争相手は征圧上昇を主効果に持つ曹洪。
コチラも主効果によっては鉄板武将になれる可能性もありそう。



魯粛(三国志大戦4)(C)SEGA
1.5コスト槍で征圧3を持てる可能性があるのは
孔明・法正、そしてこの魯粛のみ。

呉では1.5唯一の伏兵持ちという独自性もあるため選択肢に入る可能性は大いにあります。
競争相手は孫呉の戦を使った征圧朱桓あたりでしょうか。


周姫(三国志大戦4)(C)SEGA
呉に追加された新SRは周姫。
攻めでは攻城速度上昇効果
守りでは守城効果の付与
…と、隙の無い用兵術を持ってきました。

手腕のお供によし、俊才のお供によし、
今回のVer.upで使用率が大きく上がる台風の目になりそう。



厳顔(三国志大戦4)(C)SEGA
二人目の大車輪戦法持ちとして登場。
蜀は1.5が激戦区なので活持ちとは言えど
これだけではやや個性不足かも。

その他の主効果次第ではワンチャンありますが…。
例えば復活時間減少だったら反逆の狼煙のお供とか…。


李厳(三国志大戦4)(C)SEGA
2コスト槍に新たな選択肢。

今の蜀に2コスト槍は夏侯覇と大徳劉備の2枚しかいないので、
それだけでも存在価値は見出せるところ。

ただスペックが心もとない部分があるので
計略内容と主効果の調査が待たれるところです。
武力上昇次第ではギンペーとも組ませられますし。


諸葛鈴(三国志大戦4)(C)SEGA
1コスト槍が雲散を持っているというだけで及第点。
ただし範囲内の最低武力のみを雲散するという仕様なので、
ワントップ型への雲散は避雷針を立てられると辛そうなイメージがあります。

法正と違ってデッキの平均武力をあまり下げずに雲散を入れられるという
独自性がどこまで活かせるかに注目です。



楊秋(三国志大戦4)(C)SEGA
気軽に入れられる活持ち騎馬枠。
反逆の狼煙の餌にするのも面白いですね。
特筆すべきは主効果に征圧があるところなので、
ワラで混ぜると色塗りの難易度が下がりそうです。

競争相手は神速戦法持ちの馬玩ですが、
征圧の数値で差別化出来そう。


呂姫(三国志大戦4)(C)SEGA
群雄に追加された新SRは三国志大戦ではおなじみの呂姫。
今回も超絶強化枠で登場です。

スペックはやや物足りないものの、主効果に攻撃力上昇があるということ、
計略効果の「乱戦速度上昇」が暴虐や猛勇の伝授あたりと相性が良いので、
そこらへんをコンボで用意しておくと面白いことが色々出来そうな予感。

車輪の伝授と合わせたらどうなるんですかね。



と、いうことでまた次回。
[ 2017/01/26 02:34 ] 三国志大戦 | TB(-) | CM(-)
FC2カウンター
購入予定・気になるもの
"画像"か"タイトル"をクリックで移動です


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。