座右の銘は『広く深く』 そんなダメ人間がつづるブログ。徒然つづっていくので長い目で見てやってください。 合言葉は「ダメ人間だから…」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ロケテ行ってきました。

三国志大戦2のロケテに行って来ました。
行って来たのは新宿スポーツランド本館3階。

事前情報によると、ここが一番ロケテをプレイしやすいとの事。


予約リストに名前を書き、整理券をもらいまして。
店員さんに「大体後どんくらいですかね?」と聞いてみますと…

(まあ平日月曜だし、すぐ出来るだろ)
そう思った自分が甘いと言うことを
すぐに思い知らされました。


「うーん、大体1時間くらいじゃないですかね?」


月曜で余裕の1時間overでした。


と言うことでソウルキャリバー3やりつつ
時間をつぶしてると番号を呼ぶ放送が。
(ソウルキャリバー3に関してはまた今度)



とりあえず巷界隈のネット見れば
大体の情報は分かるんで、
プレイで分かったことだけ書いときます。

まずロケテで注意しなきゃいけないのは、
1のカードを引き継ぐと、もうそのカードで2に引き継ぐことはできないと言うこと。
引継ぎは一回だけなので、まだ発展途上中の本カードを引き継いだりはしないほうが良さそう。
ここら辺の説明はロケテしてるゲーセンにポスターで張ってあります。
あと撮影禁止だということ。
まあコレに関しては都合考えるに仕方ないです。
(各地で盗撮流行って噂の董白たん顔バレしてますけど(爆)


当方弱小の9品なのですが、
さすがにコレ引き継いじゃうのもどうかなあと思ったので
新カードで始めることにしました。


ゲーム自体はロケテだからなのか最初は一緒。
田中軍師が最初に出てきて名前を聞かれ…の展開。
時間の都合上、チュートリアルを抜いてしまったので、
槍撃などの説明はあったか確認できず。

んでもってモード選択。
画面構成自体は現行の1と同じで
全国大戦が上にあり、次に店内大戦
一番下に1での1人プレイモードに当たる群雄伝

当方チキンなので迷わず群雄伝を選択。(笑)

するとの中から選ぶことになり、
それぞれに「イベント達成率」(平均?)らしきものが表示されている。
とりあえず呉スキーなのでを選択すると、
最初のシナリオである「孫堅立つ」が表示され、
イベント発生する武将がそのシナリオを始まる前に分かるようになっていた。

シナリオ選択すると最初に大陸を背景に物語の説明。
それが終わるとカード登録。
(ここら辺記憶曖昧なのだが、確かこの順番だったはず)

当方、
SR呂蒙
SR小喬
SR呉夫人
R何とか
程普
遠麻痺矢デッキで登録すると
程普の所に「能力変更」の文字が。
見ると知力が1下がっており5/5になってます。

ロケテ限定なのかもしれませんが、
能力変更があったキャラは
カード登録時に分かりやすいようになってました

他のキャラの変更は特になし。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
第一話、最初の相手は黄巾族
張角張宝ゴリラ、黄巾一般兵率いる部隊である。

一定時間経つごとに張角張宝がカットインで話し出し、
そのたびに敵の士気が上がる。(少なくとも+6位はされてると思われる)

またゴリラ同イラストレーターの新イラストで登場
背中を見せる渋いポーズで、
HP50%下回るごとにバナナを食べる食べる
驚くほどの士気の無駄使いを見せ付けてくれる。
(バナナ⇒ダメージ⇒バナナ⇒ダメージ⇒士気切れまでエンドレス(笑)

ちなみに張角の計略「太平要術」は健在で、
張角だけが生き残ってる状態になるとすぐに使ってくる。
前述のイベントが一定時間ごとに起きてるので
敵の士気は非常に豊富。張角の優先的撃破が求められる
ゴリラだけにすれば士気無駄使いしまくるし(笑)

勝利条件は通常撃破で、
とりあえず時間切れでも何でも勝つと
張角が最後に台詞を話して第一話終了。

すると大陸の画面に戻って、次回予告的な展開があり、
最後にコンティニュー画面になる。
群雄伝では進撃ボーナスが1回だけついており、
2回目は200円でプレイできました。

迷わずコンティニュー。


第二話に関しては明日へ続きます。
[ 2006/04/11 10:29 ] 三国志大戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
購入予定・気になるもの
"画像"か"タイトル"をクリックで移動です


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。