座右の銘は『広く深く』 そんなダメ人間がつづるブログ。徒然つづっていくので長い目で見てやってください。 合言葉は「ダメ人間だから…」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

覇者のススメ ~孔明の罠編~

私信ですが、

覇者おめでとうございます!

統一戦突破
おめでとうございます!


遅まきながら
覇者おめっとさんです!

一位おめでとうございます!

良いかい?大人は汚いもんなんだよ…(w


徳6

さて。そんな訳で
やってまいりました。
徳6ワールド。

周りのブロガーさんや、
チームメンバーが頑張ってるのに
だけのんべんだらりとしてて良いのかッッ!?
(反語表現)

まあおかげで
近年まれに見る金欠状態ですが、
色々と面白かったのでアリです。
(でも100戦ほどSRもLEも引いてません)



徳6まで来ると色々と
個性的なデッキが目立って面白いですね。
最近感動したのは、

質実雲散デッキ

これ、一見普通の二色に見えますけど、
デッキや戦法次第では詰みますよね。

ダメ計妨害強化計略全てを無効化できて、
なおかつ後半行くと覚醒で30/29になると。
最初見かけたとき思わず
『コレはすげえ!』と言うほどでした。

落城しましたが悔いはないです。

反省点はこのデッキの弱点に
気付かなかったこと。

士気9あっても号令
雲散が一度しか打てないので、
刹那系解除戦法使われちゃうと、
嫌でも雲散を使わなきゃいけない。

そうすると安心して計略撃てちゃう。

コレに気づいてれば、、、
間抜けな負け恥を晒す事も無かったんですが…
いやあ、でもそれにしたって
これは素直に感動。
デッキとはこうありたいもんですね。


あとは、
左慈たん

左慈入りデッキにぶつかりました。

左慈はご存知の通り、
呂布全てのアンチな訳ですが、

逆に言うと…

呂布が出たら変化したくなるわけで。
そこをついて解除戦法で煽りながら
勝ちを得られました。

前回左慈に遭遇したのが、
2の初日だったんで、
1年くらい遭ってない
計算になるんでしょうか。

何と言うか、
遭遇した時に少し嬉しさ感動が…(笑)
排出停止カードを使ってる人に会うと、
1からやってる組としては、
懐かしさと今もまだ生きているんだ
…と言う安心感がありますよね。

昔からネタキャラなんて言われてますけど、
武力29左慈40c近く
戦場を歩き回ってたら、
ネタなんて言ってられないよ!!!
(解除無かったらマジで落ちてるがな)


他にも色々と遭遇しましたけど、
そういったデッキはそれぞれ
考え込まれてるなあって言うのが
伝わってきて勉強になります。

上位ランカーのデッキを
使ってみるのも一つの戦法だとは思うんですが、
オリジナリティあるデッキを見てみると、
自分で大戦の鉱脈を掘る楽しさ
思い出させられますね。

まだまだ鉱脈は掘りつくされてないんだなあと実感。





さて。しばらく金欠ってのもあるんで、
Ver.upまで恐らく大戦はお休み。
大戦ネタもやりたい事が
溜まりに溜まってるんで、
次回からやっていく予定です。

弓呂布

帰ってきた弓呂布特集。

内容的には大した物じゃありませんが、
徒然と弓呂布の話を書いていきたいと思います。

ではではこの辺で。


[ 2007/05/27 21:08 ] 三国志大戦 | TB(0) | CM(2)
( д)  ゚ ゚

Σ (゚Д゚;)
し、紹介、ど、どうもありがとうございます!

左慈はこの計略を見たウチのメンバーが異常なまでに使いたがっているのでこういうのを見るとちょっと気になります。

あ、それから孔明の罠にはハマました(汗

[ 2007/05/28 19:35 ] [ 編集 ]
いえいえ、
どういたしまして。
何かアクセス少ないなあとか
言ってらしたので、
微力ながらお手伝いを(w

左慈は、、、
ネタっぽいですけどねー。
相手のデッキ次第では、
かなり面白いとは思います。
1.5ってのはかなり痛いですが。(笑)

2にもいれば良いんですけどね。
そうすりゃ戦器も存在するのに。

罠に引っかかってくれる人がいるから、
何時も何時も罠を仕掛けるときは
ウキウキ気分な訳です。
嫌な大人です。(爆)
[ 2007/05/29 16:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
購入予定・気になるもの
"画像"か"タイトル"をクリックで移動です


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。