座右の銘は『広く深く』 そんなダメ人間がつづるブログ。徒然つづっていくので長い目で見てやってください。 合言葉は「ダメ人間だから…」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お買い物フェスタ(漫画編)

さて、今日は最近購入したものの一部でも。
最新の大戦ネタココから。
最新の鉄拳ネタココからです。


大戦ネタでは飛翔呂布の武将の組み合わせ案を募集してます。
企画ではないんですけど、次回の更新で取り扱うと思うので、
お時間ある人は良かったらこの記事(=最新の大戦記事)にコメント投稿どうぞどうぞ。


本日紹介する購入品はコチラー。





"AKB"



BAKUMAN (1)

大場つぐみと小畑健のデスノートコンビが送る新作漫画。
「中学3年生の少年二人が漫画家を目指して頑張る」というお話。
ファンタジー色を避けて、かなり現実的な表現をしているのが魅力の1つです。
青春時代を背景にしていて上手く漫画と恋愛を絡めているのがミソ。

リアルなんだけど何処かドラマ性があるんですよね。
たぶん、ホントにリアルなだけだったらこのテーマって、
読者と共通点が少ないから受け入れにくかったと思います。
彼ら、狙いはオタク文化なのに凄いリア充なんだもん。

"描く側"と"見る側"って表裏一体っぽいけど、
漫画に対する視点の高さが違うので描き手の事を書いても
"共感"じゃなくて"感心"で終わるんですよね。
そこから読み手をグイグイ知りたがらせる様に持って行けるのはさすが。
「漫画を描くって事はどういうことか?」
「漫画を評価されるって事はどういうことか?」

そこが深く掘り下げて描かれているようです。

主人公達の行動は凄く大人びているのに、
やっぱりどこか子供的な思考・発想も持っていて
「あー、こんな若い頃もあったよなあ」とか
思わず人生を振り返ってしまいました。(笑)
※もちろんここまでリア充ではありません

ちなみに原作者『大場つぐみ』の正体がこの単行本で明らかになります。
誰しもが勘付いてたけど根拠が乏しいから確信できなかった正体。
単行本のオマケページ・表紙に答えがあるようです。

ネタバレになるから私はあえて言いません。



ぬらりひょんの孫 (3)

個人的に凄く楽しみにしている作品の1つ。
コミケでもいくつかのサークルさんが描いていたみたいで、
一定のキャラ人気を獲得してる感じがします。
信者として嬉しい限り。

今回の巻では自身の組の一番の武闘派を抑えたわけですが、
これ、主人公が苦戦する時ってあるんですかね。
主人公の弱点が「人間状態」だとすると、逆に言えば妖怪状態では無双。
その妖怪状態で苦戦することがあったら、
どうやって凌いでいくかが予測できない。

「仲間が助けに来る」って選択肢はあると思うんですが、
一番の武闘派を抑えちゃったって事は、
主人公の妖怪状態より強い組員ってかなり限られるはず。
もしくは、仲間達が修行する話とかもあるのかな、、、

主人公が一番強いけど、仲間がいないと大局的には闘っていけないってのは
"るろうに剣心の志々雄真実と十本刀の関係"を思い出しました。
(共に時間制限があると言う意味で)

最新号(6・7合併)では仲間と敵妖怪の個別バトルが起きそうな感じですが、
そこの描写をどう表現してくれるかが楽しみです。

今のジャンプでは数少ない任侠ものをテーマにした作品なので、
是非とも長く続いていって欲しいと願うばかり。


はい、漫画物の感想は一旦ここまで。
次回は大戦ネタで飛翔デッキ特集です。
予告ではでしたが、もう一度に滞在してみます。
特に地勢以外の組み合わせを考えて見る方向で。
(前回、地勢は考えてみたので)

コメントにて計略組み合わせやデッキ提案お待ちしております。
明日の夜か日付またぐ感じで更新する予定です。予定。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
購入予定・気になるもの
"画像"か"タイトル"をクリックで移動です


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。