座右の銘は『広く深く』 そんなダメ人間がつづるブログ。徒然つづっていくので長い目で見てやってください。 合言葉は「ダメ人間だから…」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

飛将研究レポート2(主に自分用)

各勢力の知力上昇計略と飛将呂布との相性。
主観で書いてます。(Ver3.51A対応)

・飛将レポート (1) ~知力上昇による飛将効果時間の変化
~魏~
・辛憲英 「賢女の教え」
1コストでスペックも申し分無し。
消費士気(4)の少なさとデッキ構成に余裕が出来るのが強み。

計略は一転と違い、純粋な知力上昇なのでダメ計に対する耐久性が高い。
ただし飛将の爆発力は一転に劣る。安定型の飛将デッキ向け。


・R夏侯惇 「知勇一転号令」
スペックは極めて高い安定数値。
辛憲英と違うのは消費士気(5)とリスクの大きさ。

武力が上がる武将は知力が下がり、
知力が上がる武将は武力が下がる。

ただしそのリスクは前もって分かっているため、
それを逆手に取った飛将が出来ることが強み。
知力を上げつつ、飛将の餌となる武将の武力も同時に上げられる。

しかしデッキ構成が非常に難しくなるのがネック。
低武力・高知力が必然的に多くなるため、強化計略持ちを投入しにくい。


・SR司馬懿 「機略自在」
スペックとしての武力の低さは呂布が補える。
知力上昇が+2と少ないが、餌の武力上昇(+3)も兼ねるのがメリット。
リスクは無いが爆発力も小さい一転飛将だと思えば分かりやすい。

ただし消費士気(6)の都合上、兵書同盟締結はほぼ必須の重さ。

どちらかと言えば号令も雲散も超絶も出来ると言う
デッキバランスの良さの方が強みかもしれない。



『爆発力の高さ』
一転 ≧ 機略 > 辛憲英


『デッキ構成の自由さ』
辛憲英 > 機略 > 一転


『士気の軽さ』
辛憲英(4) > 一転(5) > 機略(6)


『知力上昇値の高さ』
一転(+8) ※武力-8 > 辛憲英(+5) > 機略(+2)
[ 2009/12/11 12:04 ] 超武力砲台呂布 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
購入予定・気になるもの
"画像"か"タイトル"をクリックで移動です


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。