座右の銘は『広く深く』 そんなダメ人間がつづるブログ。徒然つづっていくので長い目で見てやってください。 合言葉は「ダメ人間だから…」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スピリッツコラボ考察 その2 「魏・蜀」

えっ、Ver.upって明後日なの!?
何かあと一週間ですね!って言ってたのが
昨日の様に思えるほどの時の早さ…

さて、そんなわけで、
本日のスピリッツコラボ特集はです。

あ、はいませんでしたね。

棒人間蹴飛ばし(AA)

~本日紹介予定のカード~
スピリッツコラボ魏と蜀(三国志大戦・スピリッツ)

張郃(三国志大戦・スピリッツコラボ)
首寝違え張郃です。

国友先生と言えばスペリオールで連載されている
西原理恵子との人生画力対決が思い浮かびますが (参考リンク:人生画力対決)

今回のコラボはスペリオール作品からではなく、
ドラマ化もした過去作品「100億の男」からのコラボです。
スピリッツとのコラボなので、ここはまあそうなりますよねと。

張郃との共通点があるとすれば、
「一度挫折を味わっている部分」があると思います。

片や100億の借金を背負い、
片や袁紹軍から曹操軍に降伏する。


どちらも挫折ではありますが、
そこから這い上がって来る様が重なって見えてくるのかもしれません。

まあ張郃は情事に耽るキャラじゃないけどね!


スペックは2コスト 6/6 覚醒 復活 暴乱の騎兵
とやや控えめな文武両道型。

ただし、の活持ちは極めて少なく、
現行の活持ち魏武将では最も低コストと言う個性持ち。


後はこの個性を生かせるデッキがあるかどうか。
乱があることを考えると2色向け武将になりそうな予感…。

計略は「地獄からの復活」で範囲が単体強化計略。

計略名やコラボ作品から計略内容を予想してみると、
「自身の撤退回数が多いほど強くなる超絶強化」とかですかね。

撤退回数の多さで強くなれる計略は今までの大戦には存在しなかったので、
予想が当たっていたらちょっと面白くなりそうなカードの予感です。


馬岱モグラ(三国志大戦・スピリッツコラボ)
まさかの知力3伏兵

(修正) 今現在使用出来て
ここまで低知力の伏兵はEX劉禅旧簡雍
そしてこのモグラだけです。

(何の因果か、全部 じゃん…)
指摘コメントありがとうございます

高橋先生の土竜の唄に関する記述はコチラ


両者の共通点は何と言っても
「複数勢力に潜っていること」でしょう。


コラボ元の土竜の唄では主人公 菊川玲二が
潜入捜査官、通称 モグラになる事を命じられ、
様々なヤクザ勢力の元に潜り込んでいきます。

(様々とは言っても、大元は1つの組系列なんですけど)

対する馬岱のモグラ振りも負けず劣らず。
・馬騰一族が謀殺された際に変装して逃げ潜る
・韓遂・馬超の反乱を潰された後、お米教祖の所へ潜る
・お米教祖の所から蜀の劉備の元へ潜る
・魏延の裏切りを予想した孔明にスパイを命じられ潜る


あまり目立ってはいませんが、結構な勢いで潜り歩いているようです。
まあコチラの場合はスパイらしいスパイをしたのは魏延の時だけなのですが。
(ここのスパイ部分がコラボに採用された一番の理由だとも言えます)


スペックは1.5コスト 6/3 伏兵 勇猛 の槍兵と充分なスペック。
蜀の陣略に必要な人属性である事もポイント高いですね。

あえて関平の事は忘れる

計略は「土竜の猛進」で、消費士気は4。

計略名を聞くと「猪突猛進」「巨象猛進」的なピンボール計略を想像しますが、
消費士気が4なのがやや気になるところですね。


「隠密戦法+ピンボール」な匂いがビンビンしてきますが、
槍兵のピンボール計略ってそもそもどうなの…

本スレでは早くも微妙なネタカード扱いになってますが、
この予想が良い意味で覆されると良いなあ。




馬謖アフロ(三国志大戦・スピリッツコラボ)
むしろコッチが驚いたわ!

蜀の2枚目のコラボはアフロ田中くんより、田中くん馬謖。
2枚目と言うよりも3枚目なんですけどね。(どや顔で)

のりつけ雅春先生の詳しい作品などの記述はコチラにて。


共通点は見つけにくかったんですけど、
「自惚れ屋」の性格や「口先だけのキャラ」が似てるのかなあと。


持っている単行本を読み直しても、
彼と馬謖の共通点はコレしか見つけられなかった


スペックは1.5コスト 4/2 大軍 の弓兵やや高め。
…このスペックは低いのではなくハイなスペックです。

その理由は計略が「泣斬馬謖」である事。

大戦1と2の馬謖と言えば士気ブースト要員。
自身が撤退する代わりに士気を増加させると言う独自効果は、
様々な速攻型デッキ・コンボデッキで研究されてきました。

しかし2コスト 4/7 伏兵という低スペックは
孔明どころかプレイヤーまで泣かせるレベルでした。



今回の馬謖はコストダウンでも武力は下がらず大軍持ち。
確かに武力は同コスト帯から見れば低いですが、
それでもR徐庶やSRホウ統と同武力。

どうせ撤退させまくるんだから知力とか関係ないし

コストが下がった事で発生したデメリットがあるとすれば、
英魂の舞と組み合わせた効果がやや低くなる事だけですね。

個人的にはかなり面白い事になってる武将だと思うのですが、
増加士気がどこまで修正されてるかが気になります。


士気増加1とかだったら全員が泣く。


思った以上に長文になってしまいました。
何か群雄より長く書いてるような気がしますけど、
気のせいだと言うことにしておきます。

それではまた次回。
[ 2010/06/15 23:59 ] 三国志大戦 | TB(0) | CM(2)
三国志大戦1の黄祖も知力3伏兵でしたよ?
[ 2010/06/15 23:39 ] [ 編集 ]
ご指摘ありがとうございました。
今使えるカードってことですねー
確かにあの頃は低スペックだらけのフリーダムだったなあ…w
[ 2010/06/22 01:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
購入予定・気になるもの
"画像"か"タイトル"をクリックで移動です


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。